*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

企画一覧
企画申込フォーム
コミュニティ-参加申し込み・問合せフォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
企画一覧
企画申込フォーム
コミュニティ-参加申し込み・問合せフォーム

第3回 発達障害児支援教材・教具研究会
第3回発達障害児支援教材・教具研究会
「家庭でもできる発達障害児支援の教材・教具活用と指導法」

主催:発達障害児支援アカンパニスト
 就労支援推進ネットワーク
発達障がいコミュニティー clover

 2007年度は「特別支援教育元年」と呼ばれ、 学校教育法等の一部が改正さ
れました。2008年度以降も様々な取り組みが、学校現場にて実施されています。
しかしながら、発達障害児にどのように学習支援をしていけばよいか、情報が
不足しているのも事実です。

 そこで、今回は特別支援教育の授業を数多く実践し、たくさんの教材・教具
・指導法をお持ちの池田康子さんにお越しいただくことになりました。池田さ
んには、発達障害児を支援できる教材・教具・指導法を実際に参加者に体験し
ていただける90分のワークショップを行っていただきます。明日から使える実
践も豊富にあります。

 もちろん、発達障害児だけでなく、様々な障害のある子どもにも有効な教材
・教具・指導法ばかりです。「うちでもちょっと使ってみようかな……」と
思ってしまいます。通常クラスから特別支援学校のお子さんまで使えるお得な
ものを多数紹介していただきます。家庭で実践してみたい保護者の方に、ぴっ
たりのワークショップです。

 ぜひ、子どもたちの学習支援のために、保護者の方、学校関係者の方、支援
者の方など、あらゆる分野の方のご参加をお待ちしております。また、当事者
の方の参加も大歓迎です。ぜひお越しいただき、一緒に学習していきませんか。

■日 時:2010年2月28日(日)14:00~16:50(受付13:45~)

 13:45    受付開始
14:00-14:10 主催者挨拶・講師紹介
 14:10-14:30 参加者自己紹介
 14:30-16:00 ワークショップ
       「家庭でもできる発達障害児支援の教材・教具活用と指導法」
16:00-16:30 質疑応答
 16:30-16:50 振り返り

■場 所:有馬・野川生涯学習支援施設
東急田園都市線・鷺沼駅から川崎市営バス
東急バス小杉駅、新城駅行「有馬第二団地前」下車徒歩0分。
     http://www.kpal.or.jp/6siteikannri/arima_nogawa/arima_nogawa2.gif

■講 師:池田康子さん
     高知県出身。川崎市立下河原小学校に勤務。
     横浜国大大学院修了。大学院にてマルチセンソリー教授法(多感覚
     を同時に使用する指導法。アメリカにおいて、知的に遅れはないが
     伝統的な指導法では学力の定着が難しい子どもを対象にしたクラス
     や学校で活用されている。)について研究。毎年アメリカの学校を
     訪問し、情報収集をしている。
     授業づくりサークル「たまごの会」代表。ムーブメント療法士・
     ムーブメント教育教師。地域療育サークル「スマイル・キッズ」ス
     タッフ。学校心理士。
     共著『特別支援教育 手軽にすぐに使える教材・教具集』『続特別
     支援教育 手軽にすぐに使える教材・教具集』(共に学事出版)他

■進 行:柳下記子(発達障害児支援 アカンパニスト 理事長)

■定員:20名(定員になり次第締め切ります)

■参加費:2,000円(主催・後援団体会員、学生1,000円)
     コミュニティー参加者 500円
  *当日お支払いください。

申し込み先 コミュニティー専用申し込みフォーム
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

Secret
(非公開コメント受付中)

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

発達障がいコミュニティー事務局

Author:発達障がいコミュニティー事務局
発達障がいやグレーゾーンと言われている子のために活動を続けています。

カテゴリ
Twitter参加してます!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。