*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

企画一覧
企画申込フォーム
コミュニティ-参加申し込み・問合せフォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
企画一覧
企画申込フォーム
コミュニティ-参加申し込み・問合せフォーム

夏の音楽療法講座
今年の夏は冷夏なのだそうですが
それでも十分暑いっ!
これも子ども達のエネルギーのせいでしょうか!?

今日はスタッフであり、音楽療法士の私が
夏休みに行なわれている音楽療法・夏の集中講座についてお話しします。

まず、音楽療法ってなに?とお思いの方も多いと思います。
まだ日本ではあまり確立されていない分野でもあり、耳慣れないですよね?

音楽療法とは「音楽」という道具を使って
その人(子供)の身体的・精神的・感情的・社会的な苦手を克服する事を助けるセラピー、
と言ったら少し分かりやすいでしょうか。

例えば、発達障がいを持つ子の中にも、
いきなり集団での行動に入っていくのが苦手だったり、
大きなグループの中で発言するのが怖かったり、
自分の順番が来るのが待ちきれなかったり・・・
そんな事もあると思います。

でも「音楽」という比較的楽しくて、あまり肩に力が入らない道具を使う事によって
段々とグループに慣れ、
そのうち発言も出来ちゃったり(そのうち声まで大きくなったり!)
楽器をもらう順番・弾く順番だって自然に守れるようになってしまったりと変化が見られます。

(音楽の中では、どんな表現も、どんな言葉も間違っているって事がないんです!
                それが音楽療法の最大のヒミツなのだと、私は信じています!)


このように、セッションの中で体得したスキルを
実生活に活かして行く、それがこのセラピーの最大のゴールです。


前置きが長くなってしまいましたが
クローバーでは、この夏休みに全4回の音楽療法集中講座を開講しています。


3歳から小学校高学年まで、15人の元気な子ども達が参加してくれています。
第1日目は、みんな少し緊張気味で、声も小さかったし
セッション自体になかなか参加出来なかった子もいて、
みんなそれぞれ、この「音楽療法」とやらに、おっかなびっくりだったと思います。
でも1回目の終盤で、ドラムを演奏しながら、セラピストの合図でピタっと演奏をやめられた瞬間の
みんなの「わぁ!!!」っというビックリしながらも得意気な顔がとっても印象的でした。
それは、まるで頭の上の豆電球がピカっと光った瞬間のようでした。
この「音楽療法」のセッションにおいて、子ども達が「自信」を持った瞬間だったのではないかと思っています。


今ではみんな、きちんと約束も守れるし(ちゃんと覚えているんです!)
順番だって、時間だってキチンと守る事も出来るし
他の子の発言を聞いて「○○ちゃんスゴイね!」なんて誉めてあげられたり
「何か手伝う事ありませんか?」とお手伝いを買って出てくれる様になってきて
とっても良い雰囲気でセッションを行なう事が出来ています。

来週は、最終回です。
今まで積み重ねた事をママ達に良い形で発表出来ると良いなぁと思っています。


お子さんが音楽療法の講座を受けられた感想などもお聴かせ下さいね!



スタッフ・音楽療法士
石野未奈








スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

発達障がいコミュニティー事務局

Author:発達障がいコミュニティー事務局
発達障がいやグレーゾーンと言われている子のために活動を続けています。

カテゴリ
Twitter参加してます!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。